フライパンひとつで作る【包まないジャンボ青しそ餃子】おからでかさ増しヘルシーレシピ

シェアしていただけるとお料理を作る励みになります!

ジャンボ青しそ餃子

こんにちは。

10月になり、すっかり秋の陽気になりました。

衣替えしなくっちゃなぁ~と思い始めた今日この頃。

あ~面倒くさいです(汗)

最近、シチューのCMも始まり…

毎日の食事も温かいものが恋しい季節になってきたって事ですか!

食欲も増進し始め・・・モリモリ食べたい気分♪

今日は、フライパンひとつで出来ちゃうお手軽餃子を作ってみました。

『包まない青しそジャンボ餃子』

餃子は大好きなんだけど…

包むのが面倒だなぁ~って思ってる方も多いはず!

私もその中の一人なんですが・・・

包まなくったって、挟んじゃえば同じかなぁ~ってね♪

焼く時に焦げ付く失敗も無いので嬉しいのよ。

餃子の餡を作って焼くだけの簡単レシピですが、早速作ってみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

青しそジャンボ餃子に使った材料

材料 分量(2人分)
餃子の皮(大判) 20枚
豚ひき肉 150g
おから 100g
キャベツ 4枚
ニラ 1/2束
青しそ 15枚
ごま油 大さじ4
片栗粉 適量
しょうゆ 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
チューブにんにく 2㎝
チューブしょうが 2㎝
大さじ1/2
砂糖 大さじ1/2
鶏がらスープの素 小さじ1/2

包まない青しそジャンボ餃子の作り方

point 餃子の餡を作る前の下準備 point

  • キャベツをみじん切りにする
  • ニラをみじん切りにする
  • 青しそ5枚をみじんぎりにする
  • おからパウダーを水でもどして生おからにする。

生おからって、美味しいんだけど日持ちしないのよね。

で、我が家では乾燥させてあるおからパウダーを冷蔵庫に常備してます。

クセが無いので、ハンバーグやお菓子作りなど色々な料理に使えます♪

パウダーのままでも、水でもどして生おからにしても使えるので万能!

餃子の餡を作る

ジャンボ青しそ餃子の餡

 STEP 1

ボールの中に、豚ひき肉・みじん切りにしたキャベツ・ニラ・青しそ・おから・しょうゆ・オイスターソース・チューブにんにく・チューブしょうが・鶏がらスープの素・酒・砂糖・ごま油(大さじ2)を入れて、手でしっかりと混ぜ合わせます。

フライパンに餃子の皮を並べる

ジャンボ青しそ餃子の皮

 STEP 2

フライパンに水大さじ1/2を入れて軽く濡らします。

その上に、餃子の皮10枚を重ね合わせるように並べて敷き詰めていきます。

並べ終わったら、片栗粉を適量ふりかけます。

青しそを敷きつめる

ジャンボ餃子青しそ

 STEP 3

敷き詰めた餃子の皮の上に、青しそ10枚も並べていきます。

point 餃子の皮から、青しそがはみ出さないように並べましょう。

餃子の餡を丸く平らに広げる

ジャンボ餃子 フライパン

 STEP 4

青しその上に、混ぜ合わせた餃子の餡を乗せて、手で均等に広げて平らになるように慣らします。

餃子の皮をかぶせてくっつける

ジャンボ青しそ餃子 挟み

 STEP 5

餃子の餡の上に片栗粉を適量振りかけ、餃子の皮を重ね合わせるように敷き詰めていきます。

少量の水を皮の上に振りかけて、餃子の皮がくっつくように軽く手で押さえ馴染ませます。

フライパンの側面から上下の餃子の皮の端をくっつける様に合わせておくとひっくり返す時に壊れません!

ごま油でこんがりと両面を焼く

ジャンボ青しそ餃子焼き

 STEP6

ごま油(大さじ1)をフライパンの側面からまわし入れて、中火で焼きます。

パチパチと音がしてきたら、水(大さじ5)をフライパンの側面から入れて蓋をして蒸し焼きにします。

フライパンの中の水分が無くなったら、お皿にスライドするように餃子を取り出し、フライパンをお皿にかぶせて戻し入れ、ごま油(大さじ1)を側面からまわし入れて裏面にもこんがりと焼き色を付けます。

ケーキのように切り分ける

ジャンボ青しそ餃子切り分け

 STEP7

パリッと焼けたジャンボ餃子を大きめのお皿に盛り付けます。

ケーキのようにカットして、小皿に取り分けたら完成 kira-kira

包まない青しそジャンボ餃子にかかったお値段は?

『包まない青しそジャンボ餃子』

にかかったお値段は・・・580円くらいかなぁ~

2人分って思って作ったんだけど…かなりのボリューム。

結局食べきれずに残してしまって…翌日に繰り越しです。

料理を作った感想&まとめ

青しそを皮の上に敷き詰めて、餃子の餡の中にもみじん切りの青しそ入り。

口の中に青しその香りが広がって美味しかったわぁ~♪

普通に1個づつ包むタイプでも青しそ餃子を作ったことあるんだけど…包みずらかったの。

今回は、フライパンの上に餃子の皮と一緒に広げるだけだったら、とっても簡単。

上下の皮の端をしっかりとくっ付けておけば、側面もこんがりと焼けて破ける失敗もナシ。

豚ひき肉の半量のおからをかさ増しとして入れてみたけど、食べた感じパサパサ感も無く気にならなかったよ!

想像以上のボリュームで、作ったチョピンのプロフィール画像がビックリしちゃいましたが!!!

ケーキのようにカットして食べられるので、大勢でワイワイ食べる時の料理としては面白いかも♪

ボールとフライパンしか使ってないので、洗い物が少ないのも主婦としては嬉しい♪

『包まない青しそジャンボ餃子』

を食べた旦那様の評価…star5つ頂きましたぁ ウインク

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
チョピンのプロフィール画像

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

また読んで貰えるように…

明日も張り切ってごはん作るぞぉ~ kira-kira

シェアしていただけるとお料理を作る励みになります!

更新情報をお伝えしてます♪

★今のあなたにおススメ!

ランキングに参加しています
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ