『堂島ロール』サイゲン大介のレシピ作ってみた!ホットケーキにも使える作り方!?得する人損する人

シェアしていただけるとお料理を作る励みになります!

サイゲン堂島ロール

こんばんは。

今日は、久しぶりにスイーツを作ってみました♪

って言っても…

今週のテレビ番組あのニュースで得する人損する人

サイゲン大介さんが教えてくれた大人気スイーツの再現レシピ

大阪生まれの洋菓子店「パティスリー モンシェール」の大人気看板メニュー

『堂島ロール』

女性1000人アンケートで「本当に美味しいスイーツランキング!」第1位にも輝いた大阪土産の定番スイーツです!

実は…チョピンのプロフィール画像は「堂島ロール」を食べた事がありません…(涙)

でも有名なスイーツなので、名前は知ってたんですケド。

だから、今回の再現レシピはどれほど本物に近い味になってるかはわかりませんが…

ロールケーキが大好きなチョピンのプロフィール画像としては作らずにはいられないのです!!!

クルクルと巻かれたロールケーキでは無く、たっぷりのクリームが詰まったずっしりとしたフォルムがたまらないぃ~♪

スポンサーリンク
レクタングル大

サイゲン堂島ロールに使用した材料

<スポンジ生地>

材料 分量
卵(Lサイズ) 全卵4個+卵黄1個
グラニュー糖 100g
薄力粉 70g
片栗粉 10g
牛乳 50cc
マヨネーズ 大さじ2
はちみつ 10g
粉砂糖 適量(飾り用)

<クリーム>

材料 分量
生クリーム(動物性) 210cc
生クリーム(植物性) 60cc
牛乳 30cc
グラニュー糖 小さじ6
練乳 3~4滴

サイゲン大介さんの更なるレシピを知りたい方は…。

サイゲン大介さんがレシピ本を出版!!

本格的レストランの味が味わえそう~♪

サイゲン大介堂島ロールの作り方

ふわふわスポンジ生地の準備

堂島ロール材料

 STEP 1

卵を卵黄(5個)と卵白(4個)に分けます。

グラニュー糖を50gずつに分けておきます。

薄力粉・片栗粉を合わせ3回ほどふるいます。

point薄力粉・片栗粉を振るう事で、空気を多く含み「軽い仕上がり」になります。

片栗粉は生地が硬くなるグルテンが発生しないので、薄力粉と合わせて使う事で軽い食感の生地になります。

メレンゲを作る

メレンゲ

 STEP 2

卵白を入れたボールにグラニュー糖(50g)を2回に分けて入れ、電動泡立て器で角がピンと立つまで泡立てる。

卵黄にひと工夫

卵黄泡立て

 STEP 3

卵黄の入ったボールにグラニュー糖(50g)を2回に分けて入れ、少し白くなるまで良く混ぜる。

白っぽくなったら、はちみつ・牛乳・マヨネーズを加えてしっかり混ぜ合わせます。

薄力粉を加えてふんわりと

卵黄に粉

 STEP 4

混ぜ合わせた卵黄に振るった薄力粉・片栗粉を入れて、ゴムべらでサクッと混ぜ合わせます。

メレンゲでふわふわ食感の生地に

生地とメレンゲ

 STEP 5

卵黄と薄力粉を混ぜ合わせたボールにメレンゲを加えて、ゴムべらで切る様に混ぜ合わせます。

オーブンを190度に温めます。

pointメレンゲの泡を消さない様に混ぜる事でふわふわ食感に仕上がります!

天板に生地を流し込んで焼く

スポンジ生地焼き

 STEP6

天板にクッキングペーパーを敷きます。

その上に生地を流し入れ平らにならします。

耐熱容器に水を入れ、生地と一緒にオーブンに入れます。

190度に温めたオーブンで9分間蒸し焼きにします。

point焼き目は、使うオーブンの種類によって温度に差があるので、様子を見ながら時間調節して下さい。

耐熱容器に入れた水でスチームオーブン効果

普通のオーブンで生地を焼くとパサつくが出てしまいます。

生地をしっとり焼くためにはスチームオーブンがおススメなんです!

でも、スチームオーブンってどの家庭にもあるわけではないので…

簡単に疑似スチームオーブンにしちゃいます♪

その方法は…とっても簡単♪

耐熱容器に水を入れて一緒にオーブンに入れるだけなんです!!!

水と一緒に焼く事で、水分が蒸発して生地のパサつきを抑えてくれます!

焼きあがったら一休み

スポンジ生地焼き上がり

 STEP7

焼きあがった生地をクッキングペーパーごと網の上に乗せ、硬く絞った濡れ布巾をかけて粗熱を取ります。

point濡れ布巾は直接生地にかからないように注意してかぶせます。

2種類の生クリームで軽いのに濃厚クリーム作り

濃厚クリーム

 STEP8

生クリーム(植物性)・生クリーム(動物性)・牛乳・グラニュー糖をボールに入れて電動泡立て器で9割ほど泡立てます。

最後に練乳を加えてツノガ立つまで泡立てたら完成。

point生クリームは動物性(濃厚)と植物性(軽い)の2種類を合わせる事で堂島ロール本物の口当たりの軽さを再現出来ます。

更に、練乳(牛乳を濃縮させた物)をほんの少し加える事で、ミルキーな風味を出すことが出来ます。

濃厚クリームをのせて巻く

スポンジにクリーム

 STEP9

クッキングシートに粗熱を取ったスポンジ生地の焼き色が付いた方を下にして乗せ、濃厚クリームをたっぷりと塗ります。

スポンジ生地を巻く

クッキングシートごとくるりと丸めます。

巻き終わりの部分を下にし、この状態で冷蔵庫の中で30分~1時間寝かせます。

point生クリームを乗せる時、手前を高くすることで巻きやすくなります。

粉糖をかけてデコレーション

堂島ロール完成

 STEP1step0

両サイドを切り落とし、粉砂糖を上から降りかけたら完成 kira-kira

サイゲン堂島ロールのお値段は?

『サイゲン堂島ロール』

一人分にかかったお値段は・・・500円くらいかなぁ~

材料費が500円ってかなり安いですよねぇ~。

でも、細かい作業が多くて作るのがけっこう大変だった…。

本物の堂島ロールはお取り寄せも出来るのよねぇ~

バリエーション豊富な「堂島ロール」通販

作る手間を考えるとこの価格なら買うのもアリなんじゃない!?

堂島アイスロール

寒い季節でもこたつの中で食べるアイスケーキって幸せの一時。

ハローキティ&マイメロディの顔アイス可愛すぎて食べるのもったいないね♪

堂島お抹茶ロール

日本茶を飲みながらホッコリ味わえる感じかも。

これからの時期のお歳暮や、お中元などの贈り物にも喜ばれそうな商品ですね!

堂島ホワイトロール

ベルギー産カボレー社のホワイトチョコレートでコーティングされたプリンセスケーキ。

金箔がちょこんとあしらわれているエレガントなフォルムです。

料理を作った感想&まとめ

今まで色々なお菓子を作ったことありますが、今日初めてロールケーキを作りました!

いやぁ~巻くのって難しいですね!

今回は初挑戦にして、たっぷりの生クリームを1回巻くだけなのに苦戦しちゃいました…。

あと、電動泡立て器を使用してのメレンゲ&濃厚クリーム作りでしたが…手が疲れた。

スイーツ作るのって、なかなかの肉体労働な気がする。

作り終わって、冷蔵庫で寝かせてる間に私も寝かせてもらっちゃったもの。

ふわっふわに焼きあがったスポンジはしっとりと滑らかな口当たり。

濃厚なクリームがたっぷり入ってたけど重くないの。

さすがに1本は食べられないけど、上品な味のスイーツが出来ましたねぇ~♪

我が家のオーブンでは良い色に焼き色がつかず、見た目がちょっと変わってしまいましたが…

これも、初挑戦スイーツならではの失敗という事で!

味は、とぉ~っても美味しかったので大満足です。

それにしても、サイゲン大介さんホント尊敬です♪

テレビで紹介されて作ってみたレシピにはずれが無いのよね!

次は何作ってくれるのかなぁ~!?

あのニュースで得する人損する人」のレシピは家事えもんさんをはじめ感心するレシピがたくさんで楽しみ♪

『サイゲン堂島ロール』

を食べた旦那様の評価…star5スーパー頂きましたぁウインク

堂島ロールのレシピがホットケーキ作りにも使えちゃう!

スキレット シーズニング

ホットケーキの生地にもマヨネーズ&片栗粉

ホットケーキミックス(130g)にマヨネーズ(大さじ1)を入れて焼くと…生地が膨らみやすくやわらかい焼き上がりになります。

マヨネーズを入れると通常の倍程度に膨らむんですよ!!!

また、片栗粉(20g)も同様にホットケーキミックス(130g)に混ぜて作ることで軽い食感に仕上がるんです。

片栗粉とマヨネーズ両方使う事で、いつものホットケーキがふんわり軽い食感で味わえます♪

ホットケーキを焼く時には?

ホットケーキが焼きあがったら、フライパンにバターを溶かして両面にしみ込ませるとお店のようにしっとりと仕上がります。

ホットケーキにもクリームを添えて

生地がしっとり&ふっくらと焼きあがってます。

堂島ロールに使った濃厚クリームは生地の味を邪魔しないので、ホットケーキに添えて食べれば一層美味しいサイゲン流ホットケーキが味わえます♪

チョピンのプロフィール画像が今までに作ってみたサイゲン大介さんの再現レシピはコチラで紹介してます!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
チョピンのプロフィール画像

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

また読んで貰えるように…

明日も張り切ってごはん作るぞぉ~ kira-kira

シェアしていただけるとお料理を作る励みになります!

更新情報をお伝えしてます♪

★今のあなたにおススメ!

ランキングに参加しています
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ